Blog&column
ブログ・コラム

婚礼家具を処分するには?

query_builder 2021/09/21
コラム
14
大切な娘を嫁に出す際に親が揃えてくれるのが婚礼家具です。
大事に使用していても、引っ越しや家族構成の変化によって手放す必要があることがありますよね。
今回は婚礼家具がいらなくなった時、どのように処分すればいいのかをご紹介していきます。

▼婚礼家具の種類別処分方法
婚礼家具にはいくつか種類があり、それぞれに処分方法が分かれます。

■桐箪笥
桐箪笥は着物を収納するために最適な箪笥で、かつては嫁入り道具として必須であった着物を持って行くのに、なくてはならない婚礼家具でした。
桐箪笥の特徴は、雨が降って湿気が増えると桐が膨張し、箪笥内への湿気の侵入を防ぐことです。
室内の湿度が下がると膨張していた箪笥は自然に元に戻り、箪笥内の湿度を一定に保って着物の劣化を防いでくれます。
そんな優れた機能を持つ桐箪笥は、粗大ごみなどで処分してしまうのはもったいない品です。
そのため、桐箪笥の良さや価値をよくわかっている専門の買取店に相談して、処分するといいでしょう。

■鏡台
婚礼家具として用意される鏡台の中には、折り畳める鏡が三枚も付いた三面鏡と呼ばれる立派な物もあります。
鏡台は自治体の粗大ごみ回収の対象となっていますが、婚礼家具の鏡台は手の込んだ造りになっていることが多く、桐箪笥同様、ただ捨ててしまうのはもったいない代物です。
こちらも、婚礼家具の値打ちを判断できる先に相談し、買取できないか聞いてみてくださいね。

■布団
婚礼家具では布団も重要で、きらびやかでフカフカな物を選んで持たせたと言われています。
ただ、古くなった布団はさすがに価値が落ちていますので、買取の可能性は低いでしょう。
また、婚礼家具として持参する布団は豪華な分だけ重量がありますので、押し入れに入れたままという方も多いですよね。
買取はしてもらえなくても、他の婚礼家具を買い取る際に持って行ってくれますので、思い切って手放してみてはいかがでしょうか。

▼まとめ
桐箪笥と鏡台、そして布団といった婚礼家具を処分する際は、まとめて粗大ごみに出すのではなく、それぞれに合った方法で処分するのがおすすめです。
当店は買取専門店として、さまざまな品をお引き取り致します。
価値ある品は買取も可能ですので、まずはお気軽にお問い合わせください。

NEW

  • 買取しました

    query_builder 2021/08/02
  • 引っ越し時のエアコンは「不用品回収」に出そう

    query_builder 2021/12/01
  • ソファが劣化した時の対処法

    query_builder 2021/11/22
  • ソファの移動や回収は誰に頼んだら良い?

    query_builder 2021/11/15
  • ベッド買い替え時の処分方法

    query_builder 2021/11/08

CATEGORY

ARCHIVE